Uncategorized

アーユルチェアの特徴と子供の集中力向上の理由

アーユルチェアは日本人の身体を研究して作られた姿勢矯正椅子です。愛用者にはモデルやタレント・整形外科医やデザイナーや建築士などデスクワークを中心に仕事をしている方が多いです。

それは姿勢を整えることで作業効率が高まり、腰痛予防にもつながるからです。愛用者の声を紹介すると

  • “集中できる!!”イス
  • 座った瞬間、やるぞ!!と思える
  • 腰痛が治っていました
  • 自分という計器の精度が上がったかも
  • 半信半疑から始まった新・椅子生活
  • 正しい姿勢の基本を改めて気づかせてくれるイス

などさまざまな声がよせられています。

それはアーユルチェア独特の座面によって骨盤がしっかりと立ち、座り方が整うということが理由です。日本人の体は椅子に座るときに開脚して顎を引いて肩の力を抜くことできれいな姿勢で座ることができます。

日本人はもともと正座やあぐら座で床に座っていたため、本来は椅子に座るということになれていないのです。

アーユルチェアはそのことに着目し、骨盤が立ち坐骨で座れば正しい姿勢で座れることに注目しました。正しい姿勢で座ると下の画像を見てわかるように正しい座り方ができるようになるのです。

アーユルチェアは子供の集中力が高まる

子供にとって姿勢が整うことで最も大きな効果は集中力向上や学習効果が高まるということです。アーユルチェアの馬具のような座面に座ると、自然に背筋が伸びるので学習効果に大きく影響を与えるのです。

すてに進学校や学校現場でも活躍しているアーユルチェアですが、正しい姿勢で集中力を高めて勉強するほうが、短時間でもそれなりに効果を挙げることがわかっています。

また、座面はあまり柔らかすぎても良くないので、自転車のサドルのように硬めに設計されています。よく進学校では硬め椅子で姿勢を正して集中力を高めるところがありますが、フカフカで柔らかい椅子はリラックスこそしても集中力が高まることはありません。極端にたとえると、ソファーに座った状態で集中して勉強するのは難しいようなものでしょう。

正しい座り方では脳が働きやすくなり、集中力の向上などさまざまな良い影響が出てきます。アーユルチェアはそのように工夫してつくられた子供用の学習椅子とも言えます。詳しくは以下の記事を参考にどうぞ。

https://www.mashamp3.com/

アーユルチェアで学力が上がる?

アーユルチェアーで学力が上がるかどうかはまだわかっていません。100マス計算の結果が良くなったり、作業への集中時間が長くなるなど集中力が高まるという効果はわかっているのですが、学力が上がるとまでは言い切れないでしょう。

ただし、正しい姿勢で楽に座れるようになり、脳への血流量がアップすることで思考力も高まることは十分に考えられます。また、腰痛や肩こりなど身体のこりが出にくいため、長い目でみると学力の差が出てくるのかもしれませんね

子供の勉強用にも1脚購入してみると良いと思います。私は子供に1脚購入してよかったので、自分用にも持ち運びが便利な安いアーユルメディカルシートを買いました。

特に姿勢が悪く、椅子をグラグラさせたり全く落ち着かない子供がまっすぐ机に座っているケースもあります。子供の姿勢を整える環境を作りたい親御さんは1週間無料お試しを使われると良いと思いますよ。

子供は座り方が悪いとガチガチに身体が硬くなったり、痛みの出やすい身体になってしまいます。子供が将来、強い腰痛でも抱えようならば、生活の中で集中力の低下や行動の制限などにつながってしまいます。

アーユルチェアと姿勢矯正

昔の武将や武士は姿勢を正すことがとても大事と教育されました。それは姿勢はその人の心の状態を表し、人格につながっているというとらえ方をしたからです。

ですから、姿勢の状態で心の状態を表すことわざはとても多くあります。

  • 腰が据わっている
  • 肩を落とす
  • 目を伏せる
  • 胸を張る
  • 腰を落ち着ける

他にもいろいろあります。特に人体の中でも腰にかかわることわざは多く、それだけ腰回りの姿勢というものが大切にされています。それは腰が人体の中心であり、要だからです。

猫背やなで肩など姿勢が崩れているときに崩れた部分を気にする人は多いものです。しかし、実際には崩れた部分よりも腰回りの状態が最も大切です。

姿勢が崩れるのは腰という土台が崩れているから起こる場合が多いからです。近年、骨盤矯正が流行っていますが、それは身体の中心である骨盤をしっかりと整えることが大切だとわかっているからです。

アーユルチェア―はその骨盤をしっかりと整えて安定させることで姿勢を正すことができます。座ってみるとまるで乗馬をしているように、正座をしているように背筋が自然と伸びるのです。

アーユルチェアの使い心地

アーユルチェアには基本的な座り方があります。アーユルチェアは従来の柔らかくて座りやす心地の良い椅子ではありません。姿勢を整えることを第一の目的にしているため、開発者には「姿勢トレーニングチェア」とも呼ばれています。

ですから慣れるまではお尻が痛くなることがあります。しかし、それは姿勢の歪みがあったり、座りすぎの証拠でもあります。お尻に痛みが出てきたら立ち上がって休憩をしてくださいね

アーユルチェアは正しい姿勢を身に着けるための椅子です。どれだけ注意してもなかなか姿勢が変わらない子供は、正しい姿勢がわからないだけです。何度も叱るのではなく、アーユルチェアなど周りの環境を整えてあげることで楽な座り方を獲得できるようにサポートしてくださいね。