Uncategorized

アーユルチェアで腰痛が予防できる?子供が使っても良い?

アーユルチェアは「姿勢トレーニングチェア」です。姿勢を整えたり、腰痛を予防するために開発されましたが、子供の集中力が高まるということがわかり、今では進学塾や進学校の学習椅子として採用されています

ではアーユルチェアで腰痛は変わるのでしょうか?

アーユルチェアで腰痛は解決できるの?

ご存知の方も多いのですが腰痛の原因は多くの場合、姿勢の歪みから起こります。猫背や反り腰など姿勢が歪むと曲がっている腰の筋肉や神経、骨は大きな負担を受けます。このような姿勢の歪みが長期間続くことで次第に腰痛となっていくのです。

そのため、姿勢の歪みを整えることで腰痛を緩和しようという治療法は腰痛治療でも核となります。病院で腰痛治療のリハビリを受けたことがある方はわかると思いますが、そのほとんどは姿勢を整えるために行われます。

しかし、姿勢を意識して正すのは実は簡単ではありません。腰の痛みが強い人ほど腰をかばってしまい、余計に無理のある姿勢をとったりするからです。

そのため、姿勢を整える時に大切なことは「楽な姿勢」を実感することです。まずは正しい姿勢がどういうものかがわからないと姿勢を整えられません。正しい姿勢がわかってはじめて腰痛が緩和していくのですね。

そこで楽な姿勢をつかむためにはコツがいります。たとえば、アーユルチェアのように座面を工夫して骨盤を正しい位置に戻してあげることで姿勢を正す方法が考えられているのです。

姿勢づくりは家づくりと同じ考え方が大切です。まずは土台(骨盤)を整えることでその上に立つ躯体(上半身)がしっかりと安定するのです。姿勢を正すときに私たちはよく猫背を伸ばそうとしたり、背中をまっすぐにしようと心がけますが、それは多くの場合腰痛につながります。

骨盤という土台を整えることなしに上体だけ整えようとしても無理があるからです。

このような考え方は乗馬でも行われています。馬に乗るときに鞍にまたがると姿勢が良くなるのは、鞍の作りが骨盤をしっかりと支えて安定させるからです。乗馬では座り方が正しくて安定していないとすぐに馬に落とされてしまいます。

正しく座るには足を開いて骨盤を立てて、顎を引くことで自然と背筋を伸ばすことが大切なのです。しかし、このような姿勢のポイントを聞いたからと言って簡単にできるわけではありません。姿勢の歪みは長年の癖ですので簡単に変えることはできないからです

このような時にアーユルチェアは活躍します。座るだけで特殊な座面が骨盤の位置を正常に整えます。というよりも正しい座り方をしないとお尻が痛くなるので、身体が自然と正しい座り方を覚えていくのです。結果として、骨盤が整い、姿勢が良くなって腰痛が和らいでいくのですね。アーユルチェアはもともと腰痛を和らげるために作られた姿勢トレーニングチェアなのです。

また、アーユルチェアが最も効果を発揮するのは子供です。子供は大人と違って身体が柔らかく、姿勢の歪みもまだ大きな癖となっていません。ですから、大人よりも早く正しい姿勢を身体が覚えやすいのです。

アーユルチェアで腰痛は改善する

アーユルチェアはこのように座り方を整えることで腰痛を整えることができます。しかし、最も効果を発揮するのは姿勢が歪み前の子供のころからアーユルチェアで正しい姿勢を身に着けることです

中にはお尻が痛くて座れないという子供もいますが、そのような子こそ少しずつ座りなれていくことで姿勢が見違えてよくなっていくでしょう。

姿勢づくりは良い姿勢がどういうものかを知ることが第一歩です。良い姿勢を知らないと姿勢を整えることもできるばずがないからです。日本人は欧米人とは身体の構造も違うため、西洋文化である椅子に座るときも正しく座れるような習慣をつくる必要があるのですね。

アーユルチェアは子供が使っても腰痛に良い

最近は子供の腰痛や肩こりが増えてきています。それは昔と比べてスマホやゲームのし過ぎで猫背の子が増えてきているからです。このような姿勢の歪みから腰痛の子供が増えてきているのですね。

子供の姿勢の悪さは肩こりや腰痛につながるだけでなく、集中力の低下など学習能力の低下にまでつながってしまいます。これらの問題はアーユルチェアーが得意としているところでもあります。

実際にさまざまな実験の結果、アーユルチェアを使うことで姿勢が整って集中力が増すことがわかっています。

アーユルチェアを使って座ると姿勢も安定して落ち着いているのがわかると思います。もちろん、実際にも100マス計算の結果が向上したり、集中力が上がることがわかっています。

このようなことが分かった結果、アーユルチェアは進学校やさまざまな学習塾で導入されています。もちろん、お受験をお考えの親御さんにも大人気となっている椅子です。

アーユルチェアの特徴は?

アーユルチェアは日本人の体を研究して作られています。座面は骨盤がしっかりと立ちやすいように少し後傾しており、坐骨をしっかりサポートするために中央部分が高いつくりとなっています。

座る際には膝のお皿と爪先が同じ方向を向くようにして、顎を引くことでスラリとした楽な姿勢で座ることができます

このような座り方は整体トレーナとして本を出版している波多野賢也氏やさまざまな専門家に推薦されています。

アーユルチェアで腰痛が治るまでの期間

どのくらいの期間で腰痛が変わるかというのは個人差も大きいので一概には言えません。早い人で1週間で楽になったという人もいれば、いつの間にか腰が楽になっていたという人もいます。

ただし、一つ言えることはなるべく年齢が低いうちに使うと良いということです。年齢が上がれば上がるほど、姿勢の歪みはヘルニアや坐骨神経痛などの疾患につながります。姿勢の歪みが慢性的になると神経や骨に異常が出てくるのです。

そうなってくると腰痛を和らげるためには長い時間を要することもあります。だからこそ、若いうちから、理想は子供のころから正しい姿勢を身に着けることが大切なのです。

https://www.mashamp3.com/