Uncategorized

子供の腰痛はなぜ起こるの?アーユルチェアで対策

現代っ子は昔の子供たちと比べると腰痛を起こしやすくなっています。そとで遊ぶ機会が減り、家の中でゲームや本を読む機会も多くなりました。そのため、姿勢が歪んで腰痛が起こりやすくなっているのです。

小学校の先生を対象にしたアンケートでは年々、子供たちの姿勢が悪くなっているという結果が出ています。これらのことは環境が変化しているためある意味しょうがないとも言えます。

子供の腰痛はなぜ起こる?

子供たちは1日のうち7~8時間も座りっぱなしです。この間ずっと悪い姿勢のまま座るとどうなるでしょうか?腰痛になるのは避けられないでしょう。

現代っ子はただでさえ外遊びが減って身体の使い方が苦手になっています。スポーツをしている子供ならまだしも、クラブ活動をしていない子供となると、子供なのに身体が硬くなってしまっている場合もあるのです。

このような状況は、子供の姿勢の悪化につながります。近年、猫背の子供が増えたと思いませんか?それは生活習慣の変化の結果ですが、子供たちに腰痛も引き起こしています。

学校で勉強している間、ずっと猫背で過ごしたら、曲がっている背中には大きな負担がかかってしまいます。そのため、姿勢が悪いと腰痛は避けられないことなのです

また、姿勢の悪さは腰痛だけでなく、集中力の低下にもつながります。集中力は姿勢がまっすぐで身体が柔軟で楽な状態のときに、脳への血流量も増えて発揮しやすくなります。

これが、猫背で首が曲がっているようなときは、首の血管も抑えられて血流が悪くなってしまいます。

アーユルチェアは座面を整えて姿勢を正す姿勢トレーニングチェアですが、実際には姿勢が整うことで腰痛改善や集中力の向上につながることがわかっています。

このような作用は大人よりも可能性が広がっている子供にこそ大切です。子供は身体も柔軟で環境さえ整えてあげると正しい姿勢を身に着けることは難しいことではありません。

「姿勢を正しなさい!」と起こる前に姿勢を正しやすい環境を準備してあげることも大切ですね

アーユルチェアで子供の腰痛対策

腰痛も防げるなら安いものです。腰痛は慢性化すると外出するのもおっくうになるほど、私たちの生活に悪影響を与えてしまいます。

仕事に集中したくても腰の痛みで集中できなくなったり、毎日少しずつ痛みを感じるので気持ちも少しずつ落ちていきやすいのです。

ですから腰痛はないに越したことはありません。そして、何よりも予防することが大切なのです

アーユルチェアで子供の健康を

子供のうちから正しい座り方を身に着け、骨盤がたった状態で暮らせるようになると腰痛や肩こりとは無縁の生活を送れます。さらに集中力が高まったり、姿勢がきれいだと第一印象が良くなるといった効果もあります

日本の教育現場においても姿勢教育についてはもっと取り組んでも良いのではないかと思うほどです。