Uncategorized

アーユルチェアの使い方は?子供が使うために。

アーユルチェアは骨盤がたった状態で座ることで正しい姿勢を身に着ける「姿勢トレーニングチェア」です。アーユルチェアに座ってみると腰と股関節の自由度が高くて自然と良い姿勢で座れるため、集中力が高まりますし、瞑想もはかどりそうです。

特にアーユルチェアは子供にとって良い姿勢を身に着けるツールになります。たとえば、私たちがいくら子供に「姿勢を正しない!」と言っても子供は姿勢を正せません。そもそも正しい姿勢がどんなものか子供はわかっていませんし、2~3分したら姿勢を意識することも忘れてしまいます。

ですから、子供に良い姿勢を身に着けさせようと思ったら、自然に身につくように環境を整えてあげることがとても大切です。だって、いくら親がいっても正しい姿勢がわからなければどうしようもないのですから。

そして、正しい姿勢についてあまり意識をしていない人もいますが、姿勢が整うと健康面だけでなく集中力も上がります。そのため、アーユルチェアは関西国際学園中等部、文教大学付属小学校、また、最近はDeNAの会議室など集中力を高めたい教育機関や一流企業に採用されているのです。

アーユルチェアーで姿勢を正しくすることにより、脳が取り込む酸素量が多くなります。すると集中力や学習効果は飛躍的に高くなると言われているのです。そして、実際にはさまざまな実験結果がアーユルチェアの効果を示しています。

姿勢を比べた写真を見るだけでもアーユルチェアの効果がわかると思います。

集中力が続かない子供にもアーユルチェアーで姿勢を正しくすると肩の位置が正しくなり、集中力や肩こりまで変わりました。特にこのような効果は子供の用に今後長い間学習を積み重ねる世代にこそ効果を発揮します。だからこそ多くの進学校で採用されているのでしょう

正しい姿勢を身に着けるということは子供の将来にとって大きなプラスとなることでしょう。

アーユルチェアはピアノと同じくとても良い長期投資です。姿勢の歪みがひどい子どもには「姿勢を正しなさい!」と言うまえに姿勢が正しやすくなる環境を作ってあげましょう。詳しくは以下の記事でも紹介しています。

https://www.mashamp3.com/

アーユルチェアの正しい使い方

アーユルチェアには正しい座り方があります。

  1. 脚を開いてまたいで座る
  2. お尻を突き出して深く座る

このたった2つのことが大切です。アーユルチェア」を使用した状態では背もたれの凹んだ部分で骨盤をしっかりと支えられ、お尻は坐骨2点で座ることができます。すると自然に背筋が伸びてしっかりと座ることができるのです。

アーユルチェアは日本人の体にあった椅子であるため、座った感覚は正座をしているような感じになります。

そして、面白いことにもしも姿勢が崩れた状態で座ると、お尻が痛くなります。座面が特殊な形をしているので、正しく座らないと痛みが出るのです

これは正しい座り方ができるようになってくると自然と和らいでいきます。久しぶりに自転車に乗るとお尻が痛くなりますが、慣れてくると痛みはなくなってきますよね。これと一緒で次第に痛みを感じなくなってくるのです。

ただし、最初は無理をしてはいけません。姿勢は今まで長い時間をかけて歪んできています。だから、それをすぐに変えようとすると身体にかかる負担も大きくなります。

残念ながら多くの人が、姿勢を正して椅子に座ることを意識すると背骨に負荷がかかり、腰痛の原因になります。ほとんどの場合、正しい姿勢が何かもわからずに無理をして姿勢を正そうとするので、余計に痛めてしまうのです。

だからこそまずは正しい姿勢がどのようなものかを身体で覚えることが大切です。アーユルチェアを使って正しい姿勢を感じると、どんな椅子に座っても自然と身体が正しい姿勢をつくりはじめるでしょう。

アーユルチェアの間違った使い方

間違った使い方をしてしまう心配はいりません。アーユルチェアは基本的に座るだけで自然と正しい姿勢を身に着けることができる椅子です。ですから意識して正す必要もないのです。自然と自分自身で正しい姿勢が維持できるようになるでしょう。

ただし、いくつかの注意点があります。

  • お尻が痛くなってきたら無理をしない
  • 楽に座る

アーユルチェアーに座った時の姿勢を身体が覚えるため、アーユルチェアーを使ってみるとあらゆることに気付きやすくなります。悪い姿勢で座るのがつらくなったり、良い姿勢で座ると楽ということがわかるようになるのです。

ただし、最初はお尻が痛いと感じる人がいます。坐骨が当たって辛いという人は無理をする必要はありません。少しずつ慣らしていった方が良いです

痛みを我慢して無理に座り続けると身体がこわばってしまい、腰の痛みが出てしまいます。それは余計に身体に負担をかけることになるため、無理は禁物なのです。最も良いのは楽に座る感覚を身に着けるということです。

本来、正しい姿勢というのは楽です。決して無理をした硬い姿勢とは異なって楽で落ち着いたものです。だからアーユルチェアに座るときも無理して姿勢を整えようとするのではなく、楽に座ってください。すると自然と背筋が伸びてきます。

また、脚部が固定タイプのものは安定感があって進学校の椅子として子供用に採用されてありしています。他にも高齢者用にも使われます。ただし、デスクワーク等で椅子をスムーズに動かしたい人にはキャスター付きのアーユルチェアが合います。

アーユルチェアも脚部が固定タイプのものは安定感があって、キャスタータイプのものは回転や移動がスムーズです。子供には固定タイプがおすすめですが、自分が使う場合は使いやすいものを選んでくださいね。

アーユルチェアと腰痛

アーユルチェアは座面に様々な工夫がされており、はじめて座るときは硬いと感じる人が多いのですが、誰でもアーユルチェアーに3分ほど座っていると姿勢が伸びてくるのを実感できます。

そして脚を開くことで楽にすらっとした姿勢で座れていると感じることができるでしょう。その結果、普通の椅子に座ることを意識すると、おのずと「坐骨」二点で座る正しい姿勢の達人になれます。

ですから、アーユルチェアの一番の特徴は自然と姿勢が良くなる姿勢矯正チェアということです。アーユルチェアに座りなれてくると姿勢測定で明らかに数値が良くなっている子どももいます。

アーユルチェアーはヨガの基本姿勢と全く同じ姿勢を身に着けることができるのです。

アーユルチェアと姿勢

アーユルチェアはまたいで座る馬の鞍のような形の座面をまたぐように脚を開いて座ると、おのずと「坐骨」二点で座った理想の座り姿勢ができます。

またいで座る馬の鞍のような座面をまたぐように座ると、おのずと「坐骨」二点で座った状態となり、骨盤が立ちます。

小さな座面は特許を取得しており、この座面をまたぐように座ると、おのずと「坐骨」二点で座った理想の座り姿勢ができるのです。

https://www.mashamp3.com/